カテゴリー別アーカイブ: 付け合せ

100均にあるアレともやしのナムル

ざるに乗ったもやし

100均で売っているインスタントラーメンを電子レンジで作れるドンブリを使って作れます。耐熱性のボウルでも作れますが、フタが付いているので、作った後にそのフタを被せたまま食卓に置いておけるので、便利です。容器にもやしを入れて、フタやラップをして2分から3分ほど電子レンジで温めます。その後ごま油、中華あじ粉末や出汁の粉末、塩を少々入れれば美味しく、簡単なナムルです。

これだけでも美味しいですが、ゴマをかけて食感を足したり、めんつゆで味を変えたり、醤油とお酢、そこに水溶き片栗粉でとろみをつけたタレをかけるとまたバリエーションが増えます。残念ながら色合いは足りません。お弁当の隙間や、箸休めにあと1品というときにこれはパパッと作れるのでオススメです。子供も食べやすいですし、お酒を飲む方のおつまみにもなるので、安くて扱いやすいです。

最後に100均のドンブリの本領発揮ということで、インスタントラーメンをもやしナムルを入れたまま作ってしまえばかさ増しになります。日持ちはしませんが、美味しいのですぐなくなってしまいます。お弁当に入れるときは水分が出やすいのでしっかり水分を取ってから入れるのがおすすめです。

珍しく母が美味しいと言った、キュウリのどろどろ

きゅうり

材料。
キュウリ数本。もやし。粗めとろろ昆布。めんつゆ。

1.キュウリは洗って、スライサーで、スライス。
2.もやしは茹でます。沸騰したお湯に入れ、再度沸騰したらちょっと待ってざるにとり水につける。
3.ボウルに、水、めんつゆ、粗めとろろ昆布を入れどろどろにする。そこにキュウリと水を切ったもやしを入れ混ぜる。

しばらく置いておくと、味が染みおいしいです。暑い日は冷やすとなお良いです。

我が家は畑があり、毎年必ずキュウリは植えます。接ぎ苗キュウリでないと死んでしまうからと、一鉢210円位のポット苗を買い、4.5株植えています。8月になるとたくさんありすぎて漬け物などをするのですが、白いのがついて溶けるように腐って、失敗することが多いです。

漬け物よりも食べやすいのは、適当に切ったキュウリをざるに入れ、塩をして2.3分置き、洗ってから味付けする食べ方です。酢味噌味。さとう、からし、酢、味噌味。三杯酢味。青じそドレッシング味。など。

中でも私の好きなのは、ミョウガのスライスと、白ごま、めんつゆ、酢、を混ぜたキュウリの和え物です。夏は毎日一人で5本キュウリを食べます。

上のレシピは、母が珍しく「美味しい」と言って食べました。暑い夏も、ねばねば、どろどろは食べやすくて、夏バテ知らずでした。

お腹にもお財布にも環境にも優しい!カレースープ

カレーライスカレーを作った後のお楽しみメニューです。
カレーなべを洗う負担も軽くなって、一石二鳥です。
【カレースープ】
用意するもの:カレーを作った後の、ルーがこびりついたなべ
材料:牛乳
作り方
(1)カレーなべの中に牛乳を注ぐ
(2)火にかける
(3)温かくなって来たら、なべの側面にこびりついたルーを、おたまなどでこそげ落として混ぜる
(4)ふつふついってきたら、できあがり
ルーはある程度残っていた方がいいです。うちでは4人前のスープを作るのに、だいたい0.5人前のルーを残しています。

また、このカレースープにスパゲティの麺を入れてスープスパにするのもいいものです。やや太めの麺の方が相性がいいです。スパゲティの乾麺を真ん中あたりから二つにぼっきりと折り、たっぷりのお湯で茹でます。いつもよりもちょっと硬めにゆでた方がよいでしょう。

茹で上がったらざるにあけ、カレースープの鍋に放り込み、ちょっと煮込んだら出来上がりです。
この時、深いお皿にそれらしく盛り付け、仕上げに乾燥パセリや粉末パプリカなどを振ると、見栄えもよく仕上がります。
材料がなべにこびりついたカレールーという節約メニューだからといって、仕上げまで貧乏臭くしてしまっては興ざめです。むしろ、こういう料理こそ見栄えよく盛り付けることで「あの材料でこんなにオシャレに仕上がった!」という満足感を得ることができますよ。

切り出しのお刺身でカルパッチョ

お刺身我が家の好評だったのは、お刺身のカルパッチョです。
お刺身はスーパーによく売っているいろんな種類が入った切り出しを使います。
きれいに切ってあるお刺身は安いとは言えませんし、何種類も購入するとそれだけ値段が高くなってしまいます。そこで私はこの切り出しを使う事にしました。
我が家では月に一度おうちパーティーをすると決めていて、その時にカルパッチョを出す事が多いです。

作り方
①お刺身を食べやすい大きさに切る
②切ったお刺身に塩コショウをふりよく混ぜる。
③ボールに多めのオリーブオイル、お酢大さじ1くらい、レモン汁 少々 を入れてよく混ぜておく。
④③に②を入れてよく混ぜる。
⑤お皿にきれいにもり、最後にブラックペッパーをかける。
※調味料類は味を見て調節して下さい。

これだけの簡単なレシピで、しかもお安くカルパッチョが食べられるのでとてもお得。おうちパーティーの時に何が食べたい?と聞くと必ずリクエストが来る大好評レシピになっています。
また、白ワインやスパークリングワインにも合うので主人もお気に入りのメニューです。
うちの近くのスーパーでは398円で切り出しを売っていて、家族4人でちょっと足りないかなぁと言う量です。
ぜひお試し下さい。

あっという間にもう一品!人参とツナのさっぱり甘和え

人参人参を使うのでお弁当の彩りにプラスしたり、あっという間に簡単にできてしまうので何か物足りないなという時の食卓にプラスしたりと、万能なオススメの一品です。
人参があまり好きではないと言っていた主人も美味しい美味しいとあっという間に食べてしまいます。
そしてなんといっても材料費150円もあれば十分にできてしまう、お財布にも優しいレシピなんです。シーチキンは賞味期限が長く保存がきくので、安売りの時に買い溜めしておくともっとお得にできると思います。何かを作る時に買って、人参が1本余ってしまった何ていう時にも使えます。
〈作り方〉
人参1本をひたすらにピーラーで細くしていく(皮をむく要領です)
②油をよく切ったシーチキンと、砂糖白だし醤油お酢を各大さじ1ずつ加えてよく混ぜ合わせる
たったこれだけなんです。包丁も火も一切使っていません。ちょっと贅沢をしていい食材買って、手間暇かけて作る料理が美味しいのは当たり前のことです。そうではなくお金もかけず手間もかけず、安くて簡単、そして美味しいレシピがあれば、料理をする奥さんやお母さんだけでなく、食べる旦那さんやお子さんもみんなハッピーですよね。
あまりにも簡単なので、「本当に美味しいの?」と疑う人もいるかもしれませんが、騙されたと思ってぜひ一度作ってみてください。夏でもさっぱり食べられます。

大量のミニトマトも一瞬でなくなる冷やしフルーツトマト

ミニトマト

ミニトマトのへたを取ってからお湯につけ、皮をむきます。お湯につけると簡単に皮をむくことができます。

むいたトマトをタッパーに入れ、お砂糖を振りかけておきます。そして冷蔵庫で冷やします。冷やしフルーツトマトの完成です。
冷たくてほんのり甘くて、皮をむいているので口当たりも非常にいいです。フルーツ感覚で食べれるので、トマト嫌いな人でも食べやすいです。
見た目も綺麗なので、サラダの横に添えてもいいかもしれません。
夏の暑い朝などは、この冷やしトマトが大人気です。1パックでは足りないので、安いときは数パック買うこともざらです。安く売られているときは、必ず買います。
冷蔵庫に常備しておけば、朝ごはんのお供にもなるし、少し野菜が足りないなと思うときにも使えます。また、小腹がすいた時も、お菓子ではなく冷やしトマトが大活躍です。家族はこの冷やしトマトが大好きで、作っても作ってもすぐなくなってしまいます。
フルーツ感覚で食べられるのがいいようで、手が止まりません。トマト本来の味を楽しみたいときは、お砂糖は抜きにします。酸味がきいたトマト本来の味を楽しむことができます。
おもてなしや持ち寄りにも重宝します。コスパも手間もかからないのに、皮をむいてあるだけでおしゃれに見えるので、評判がいいです。